「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

2395 と M553 に遊んでもらいました

皆様こんばんは、ご無沙汰してます。

久しぶりの更新です、今のシステム状態も報告しないといけないのですが、近いうちにUPします

b0076465_19241040.jpg


久しぶりのアナログディバイダーを使う、接続は裏に回って差し替えるだけ
現在の設定や配置を変えず遊べる、

遊びのメニューは

Low は4550x2220か4550xM-151が選べ、無理があると思うが4719Aの2241も選択可能だ
Mid は2365x2450か2370x2426が選べる
High は2370x2426か2405

M553は、クロスもレベルも連続変化できるので、グルグル回し普通の音や面白い音など楽しめる、
しかも3Wayはセッティング簡単で、すぐ音が整う。
アナログチャンディバで組んでた頃は、このような連続変化するタイプには性格上否定的だった事を反省した。

デジタルに慣れた耳には、心地よいアナログならではの元気よさで、はまる曲もあって楽しめた。

2・3台のディバイダーを用意して楽しむ、遊び方を覚えた





b0076465_21112494.jpg



次は、憧れの 2395 
JBLを代表するホーンだと思う

自宅に持ち込むのは初めてだ    

理由は

①35年ぐらい前に、天神の大型量販店で爆音で鳴っていた、うるさいと思った。
②ジャズを聞かれる方の使用するイメージがあった。


使用したドライバーはI君の375、久しぶりの375だ。



弦楽器きついかな~と思ってた、ボーカルがハスキーに…イメージ持ってた。
心配ない、いい音です。

自分は、HL-91で育ったのでいわかん無しです、同じ傾向の音が感じられ、HL-91と比較するのは失礼な位上品な音ですね。


今回は3Wayでは鳴らしてません、7Wayです
471.9Hz~2378Hzなのですべてを語れないと思う けど

いいですね、感激しました
『 やっぱ 家で聞かな いかんね 』
[PR]
# by yamakasa-toku | 2010-11-24 00:16 | Audio

HALさん

 

b0076465_1927723.jpg


ダブルウーハーズのHALさん ご訪問いただきました、どんたくさんに連絡し九州プチオフ会です。
 
 最初はどんたくCDで始まり、次にレコードを聴く

2・3曲聞いたところで、HALさん「フォノモータの電源の極性入れ替えてみて」とのこと

やってみる

おぉ・・高音が伸びやかで全体のバランスも良くなってる  「恐れ入りました」

実は以前にも同じ経験はしたことがある、そのときの差込プラグは普通の2極タイプだった。

しかし今回のノッティンガムは3極プラグでコンセントもハッベルの3極コンセント、逆接続が出来ないいので疑ったことも無かった。

まだ極性チェッカーで調べては無いがノッティンガムの疑いが無ければ、逆相が良い場合もあるという事なのか?

ノッティンガムが来た時から気になっていた音で、 I氏も私も、何か問題があると感じていた。

一発解決、ご指導有難うございます。 〔すごい人だと思った〕

 
 さらにアナログばかり聴く

白鳥英美子のアメイジング・グレースを聴く、「音の消え方がおかしい、スパーツイーターに問題が有るのではないか」 とのご指摘

自分では気が付いていたが、分からない音と思い調整を先送りにしてた事をズバリ言い当てられた。

〔神様は全てお見通しだ〕

その内容は、2405のクロス20.000Hz 48dB/oct で ST-200のクロス18.000Hz 18dB/oct (内臓ハイパス)だった。


早速パソコンで調整で2405 を 18.000Hz 18dB/oct に変更しもう一度聴きなおす。

正解だ。 音がスーッと消えていく    消えたところがキレイで静かだ


 
  I氏 も駆けつけ5人で乾杯


最後は、ガラード に変える   これも良い  やっぱりこれだ  しかし・・



奥様も大変音楽がお好きのご様子で、楽しい談話ができました。

また何かと教えて頂きたいと思います

遠い所、有難うございました。
[PR]
# by yamakasa-toku | 2010-01-24 01:25 | Audio

緊張

No.326Sにフォノイコライザーボードを取り付ける

静電気には気をつけないといけない と 取説に書いてある。


作業は信頼のおけるM氏にお願いした、M氏は付属のアース線で326sと繋がってる。

b0076465_00345.jpg
b0076465_001778.jpg


クリーム色の基盤とても綺麗だ、パーツはとても小型化した印象

繋がってない私は手伝えない、写真を撮るだけ。

難しい作業は何も無い、だだ冬だけに静電気のスパークが心配  

以前スパークでパソコンを不調にした経験がある私は、見てるだけで緊張する。


そして無事終了。

フォノボードを取り付けると自動的に7番入力はフォノになり、ディスプレーはPHONOと表示された。


完成後C-280と比較したいと思っていたが、音だし直後すぐに考えは消えた。

音の素直さ情報量の多さ・・・比較視聴・・・・・やめた、意味が無い。
[PR]
# by yamakasa-toku | 2010-01-20 00:54 | Audio

2010年への準備

b0076465_204625.jpg
b0076465_2061789.jpg



ノッティンガムのデビュー作 スペースデッキ  デビュー作には当たりは多いと思う

使い方には難しい、陶芸の ろくろ の様に、手でスタートだ。

スイッチを入れても回ってくれない、必要以上のトルクは不要らしい


b0076465_20165086.jpg



アームはとても太い、カートリッジはオルトフォンのMC-20

ちょっとカートリッジを替えてみようかな~そんな気にならないガチガチの固定式だ!


余談だけど、MC-20?昔同じ型番のカートリッジ有りましたねMC-20もMarkⅡも使ったな~、イメージが重なりそうです。


まず、ポピュラー系を聞く、

ドラムのタム音が重たい  低音がガンガン出てくる密度がまるで違う 


クラシック系では全てに驚かされ、特にチェロは鳥肌が立つ程だ 

作った人が金属製のバイオリンは考えられない言ってるらしいが理解できる音だ

普段オーディオばかり聴いてると、本番直前のチューニングの音のよさの衝撃を受けることが良くあるが、それに似た体験をした、音色・音が良い

いつも聞いてる自分のレコードとは思えない。

情報量の多さ、静粛感    CD以上のダイナミックレンジを感じる

先月、ご訪問いただいた リベロさん と どんたくさん 御免なさい、進化激変しました!

b0076465_20293729.jpg


横のガラードは、レコードクリーニング用の道具になるしかないようだ

b0076465_20374030.jpg


お客様だったのマークレビンソン No.326s は I さん が身柄を確保 さすがだ

本日、フォノイコライザーモジュールが持ち込まれる。

基盤が二枚と工具・取説・・・で・・・万円・・・・・・やっぱ高いね。


b0076465_2045365.jpg


長い付き合いのアキュフェーズの名作 C-280 嫁に出すことになった、残念ながら比べる相手が悪い

ガラード401+UA-70やアキュC-280は、優秀なオーディオ機器だが静粛感・密度感・エネルギー感・微細音再生能力・音楽性いずれも劣る


今までに、スペースデッキもマークレビンソンも326sもオーディオフェアやオーディオショップで聴いたことはあるが、こんなに良い物とは思わなかった

想像だが、現在の縦長スピーカーには再生できない何かが有り、マルチアンプの優秀さも一緒に感じることが出来た。

フォノイコライザーが組み込まれた音が今から楽しみだ
[PR]
# by yamakasa-toku | 2009-12-25 00:06 | Audio

お客様

先月は、ダブルウーハズの生徒会長 リベロさんとクラス委員長どんたくさんがお越になり


本人は(やまかさ)写真も写さず酒を飲んでたのでブログ更新出来ず後悔していた。

    
 それで 
  
今月の楽しみは、これだ    これを肴に飲む

b0076465_2319222.jpg
b0076465_23195029.jpg


26Lとは違う印象だ、  前回のは、2泊3日のお客様だった  

b0076465_23352993.jpg



    
 I 君と2時間ぐらい聞いてみた  なんてシルキーサウンドなんだ 326S 。
 
 オーディオフェアのミニスピカーを鳴らしてる時とは違う世界をビシビシ感じる   

 VENUS  サウンドに近づいた気がした    
[PR]
# by yamakasa-toku | 2009-12-08 00:09 | Audio

航空祭

                 芦屋基地の航空祭

b0076465_18133781.jpg
b0076465_18135469.jpg
b0076465_1814943.jpg
b0076465_18141886.jpg


                 ブルーインパルス いつ見ても感激です

b0076465_18185269.jpg


                 この爆音は魅力的!
[PR]
# by yamakasa-toku | 2009-09-28 18:25

広角レンズ

b0076465_18523034.jpg


どんたくさん来てくださった

 デジタル一眼を持って

  自分のニコンD80/24ミリでは絶対に入らないので、いつも片チャンネルの写真なんだけど

どんたくさんのキャノン40Dは、なんと10ミリが付いてるとの事、撮影してもらった

 
    幅9m X 6.4m を  ベストリスニングポイント 5m  より写した写真です


  丸いピアノ椅子の手前には、宴会テーブルがあリますがトリミングでカット

  
   両壁まで入るとは思ってなかったで感激しました、どんたくさん有難うござます。
[PR]
# by yamakasa-toku | 2009-07-17 22:08 | Audio

ご無沙汰してます。暑中お見舞い、ほとんど年次報告

b0076465_11314911.jpg



先週のこと

あるパーツが欲しくて、ヨハネスさんに電話した。


要件が終わると

      
ヨ様 : 「最近更新してないけどブログどうなってんの、何かやってるの」 的な話。

私 : 「やりようけど写真がないとよ」 と言い訳。

学んだ事 : オーディオを扱う前にカメラを用意する。


今確認すると、前回タイトルが、「残暑お見舞い」 8/15になってる、11か月だ一年弱はやばいと思った


b0076465_11551998.jpg

●次の週、お会いする事が出来なかったけどハワイに行って ダーダさんと電話でお話しできたとか
●ウーハー(4719A)にホーンを取り付けたので6Wayオールホーンシステムになった事とか
●県外のDw'sのメンバーのご来訪が三回ぐらいあったな~
●妻子を妻の実家に疎開させて、アムクロン爆音大会?
●毎週のように宴会をし酔っ払ってシェルターのカンチレバーが亡くなった事?【無】

自分の記録として、最低これだけは書き残すべきだった、反省。


それから


友人・同居人の Iさん が言い出した「7Wayにしてみよう」と

また・・・火をつけられてしまった・・・



決めた、Iさん に電話 「7Wayにするよ、アンプもラックに乗せるから手伝って」 と

ラックを追加しアンプを配置と結線、力作業が終わった。 まずは乾杯、ビールが旨い!

パソコンとデジチャンがつながった状態になるまでに、4時間ほどかかった。

b0076465_13425052.jpg


まだ使いこなせないが、ほとんどの調整操作がパソコンでできるようだ

本体操作はかなりの時間がかかったり、間違ってやり直したりしたがパソコンは楽しく誰でも出来る

ブロックダイアグラムをダブルクリックするとクロスオーバー・ディレー・イコライザーなどの表示が出てくる

b0076465_21374317.jpg



最初はディレー

時間・フィート・センチが選べる

「この辺がダイアフラムかなー」とか「ドーム形状のものはどこで測るの」

とか考えながら難しいことはワカラナイ。

私は巻尺派選択はセンチ、せっせと測る




b0076465_21385479.jpg


間違ってないか数値を確認

本体ディスプレーと違い、画面にすべて同時に表示でき確認で来ることが安心ですね。



b0076465_21405253.jpg



そしてクロス

大きく動かす時は、グラフをマウスで操作、素早く変化する

微調整はスライドボリュウムをクリック、矢印キーを使い最小単位でステップする (長押しやマウス操作もできる)
クロスは 60.7  182.0  471.9  2,378  7,772  19,585 48dB/Oct・L-R

そして7番目のタンノイST-200は、プリアウト→マランツ(背面ゲイン調整付)→ST-200 内蔵18dB/Oct

この数値は、約2時間の間に20回以上変更して決めたこの日のベストだ、

パソコンとソフトの素晴らしさが、いい音に素早く導いてくれるとてもありがたい。

キーボードで 7Way090704 と打ち込み本体に記憶させる

7wayは成功だ、今まで最高の気配がある。

マイクによる自動イコライジング調整、奥の手を使ってない

後日、同じ設定のイコライザーバージョン7Way090704EQ 作り聞き比べだ



今日はイコライザーをかけないことにする



あとは音楽に酔う


b0076465_21443477.jpg




酒が旨い
         

今日音は、のびのびとレンジも広く開放的でストレスが感じられない

b0076465_21483344.jpg



みんなクラッシックを聞こうと言い出さない

             
      なぜだ



     次の曲も

   
    おねーちゃんで行こう


b0076465_21512353.jpg


どんたくさんが写ってないのが残念だが Venusさん Mさん Iさん

音楽がいいといい気分になる仲間

食が弾む、おいしく飲める 楽しい夜でした。

b0076465_21581031.jpg


お開きの後、おこぼれを頂いてる  犬の  クー 

今日の残りは飴玉一個ぐらいの小さな肉、少しかわいそうだった
[PR]
# by yamakasa-toku | 2009-07-06 22:45 | Audio

残暑お見舞い申し上げます

やまかさのシステムも凄く変わり過ぎ

本人もよく判っておりませんが、近況報告です


最初の4550が導入される
                    今までの QUAD606 でドライブ


つぎの4550が突然来る
                    取合えず手持ちの 山水 BA3000 でドライブ


 なかなかいい音だ!     



アンプはボロでも、スピーカーは鳴らし方だ ・・・・・  とか言いながら自己満足


そしてデジチャン → スーパーツイーター + 6Way化 もう 超~自己満足。


もう、何もしない、替えない、飼えない、買えない。

b0076465_2344173.jpg



ところが今回、
M氏とS氏のご好意により 500Hz以下をすべて A級アンプに出来た


18K以上で使用するマランツ以外は、A級 + 真空管だ!

最近のLUXのアンプは素晴らしい、オーディオフェアで気になってた商品だ


驚いたのは、低音がどう変わったかではなく、中~高音が激変した、

金管楽器が素晴らしい、家で聞きながら福岡シンフォニーホールを思いだす程だ

男女共、ボーカルがいい、良くなった。特にコーラスの解像力は驚かされる。


     どうしても中高域に神経が行ってしまうが

チェロ、コントラバス・・・・今までに無音も発見する、良く聞き取れる 。 




アンプの受け持ちは、負荷で決めた。

M-800A→2241(4Ω)     M-600A→M-151 (4Ω)    M-5→2220 (8Ω) 


M-600A(30W) と M-5(300W)のバランスは、P&Gのフェーダーを使用したが、

ほとんど絞らなく、フェーダー無しでも良さそうだ。

二つのアンプの実パワーどうなってるのだろう、M-600Aの30Wは中身が濃いそうだと感じる。

M-800A 余裕と貫禄で鳴ってる、ほとんどメーターも上がらない。

お借りした二つのアンプは、現代の小口径スピーカー鳴らしきる実力を持つことは、オーディオフェアで確認済みだ。

今回、確認できた事は、音像の安定だろう、音がズレないのだ手ぶれ補正レンズのようだ!!

A級効果を実感した、30Wと60W・今回4Ωで使用したので60Wと120Wのアンプだ

手元の音圧計で115dB前後で聞いた時、M-5のメーターは1Wを指していた、

たった1W,されど1W。 質が問題なんだろう、高出力は不要か?

確かな低音がないと、中高音は音に成らない、成立しないと痛感した。

問題は熱だろう、手前4台と真空管3台+1。 いい音には大電気と熱は必須か!

5馬力のエアコンがピンチだ!  ラーメン屋さんのようにエアコン付けるか
[PR]
# by yamakasa-toku | 2008-08-15 01:46 | Audio

さようなら そして こんにちは

b0076465_18581839.jpg





マルチアンプで最も重要なのは、チャンネル デイバイダー だと私は思う。

自分は、チャンネル デイバイダー は、アナログにこだわって来た


DW’sのメンバーにも、 デジタル チャンディバをお使いの方々がおられる。

Venus 邸で JBLのデジタル チャンディバ のよさを感じ始め

がんこ にアナログ チャンディバに拘る自分から、次第にデジタル チャンディバを使ってみたい自分になって行く。


b0076465_19455556.jpg




勇気を出して入れ替える、アナログ最高の組み合わせ(勝手に思ってる)これを超えれるのだろうか????


購入したのは、dbx DriveRack 260 (2イン6アウト)


液晶画面に何でも呼び出すので取説がとても重要だ!


ディバイダーの三重連の複雑な結線から開放され、背面もスッキリした


最初はいろんなクロスも試してみたが、アナログとほぼ同じクロスで落ち着く。

M氏の的確なアドバイスもあり、2時間程度で、元の音は超えたと感じる、静かだ!耳ざわりがいい音だ!
初日、これだけの音が出るのは凄い

b0076465_2021981.jpg



次の日、同時に買った純正の測定マイクを試す、マイク専用入力が有り、

好みは4パターンがあり選択

次に、ピンクノイズが発生しノイズの大きさを調整

そして自動調整、左右調整しても5分ぐらい


最初は、5メーター・・・・・あまり変化がない

  次は、1メーター・・・・・リバーブがかかったような低音、刺激的な音は無く音密度でが出てくる
  今は、3メーター・・・・・いい・・・・・よか~・・・・・デジタルの感じが何も無い・・・・・レンジは広く・・・・密度感あり・・・・・音色も豊か・・・・・音離れがよく・・・・・






3回の挑戦で、この音が出る。

マイクを使用せずに使うと普通の デジタル チャンディバ 

マイクを使うとアナログとデジタルのいい所取り、ピンクノイズの大きさ・マイクの設置が大きなポイントになるだろう


まだ数日、とんでもない可能性を感じる。
[PR]
# by yamakasa-toku | 2008-05-19 22:15 | Audio