クワトロ ウーハー バスシステム

4550スタックシステム    凄かった

               オーディオ マニアの自分を十分満足させた

                         しかし不満があった、”音楽になっとらん“

お気に入りの曲が期待外れ、そしてお化け音像が現れる


スタックシステムを組んだその日に、Mさん言い始めた  

「4550を縦置きに V 配置中心に,4719Aを置く」
 

ホーンは正面向くべき、と思う自分には想定外だったが、
kiirojbl さんの、幸せの黄色いホーン資料室で、 V 字型バッフルお勉強させて頂いてたので、そのプランは即OK。

問題は、V の角度
             100~90度も考えたが、とり合えずこれでやってみる。

b0076465_23402158.jpg




               できた      大型を6台移動設置するのは大変  



b0076465_23443240.jpg


構成は
4550+M151-8 スピーカコード長さの関係で外側 アンプはBA-3000    中央4719AアンプMー5    内側の4550+2220B アンプは 606  

真中の、4719Aの上に2370A+2426H  そのバッフルの両脇に2405H  そして2365+2450H

             二つの4550は、4719Aウイングの役目もするはず。

4550+4719A+4550  と  2405+2370+2405  は   仮想同軸 だ!
    
             2345+LE-85 と 2350+375 は、鳴らしてない。



                       音は


音像はいい、今までで一番いい。低音が常に一つだ、感激する
           写真で見てる人はきっと思うだろう、ユニットも違う、アンプも違う・・・旨くいくわけない

もつと耳を立てて聞いてみる

スタックのときはそうだつた、それぞれの個性を聞き分けられ、音像も上下に動いた。
V 字配置は違う、同じ音で鳴る個性差を感じない、音像も左右に動かない

全体音像は、2370Aにピッタリ有り、大きさも大きくない。
4719A+2370+2365の3Wayを聞いてるみたいだ。
今までは、46Cmを内側や外側に持っていく方法しかなく、一体感は無かった。


音色は、ドライからしっとりに変わった、ブラス・弦・ボーカル・・・・よか よかですょ


そのうちにVenusさんも来られ宴会に、マークレビンソン12台並べるVenusさんに”すごいね”と言われ、一安心。
特に、低音を鳴らしてるアンプはそんなにいい物(ドライブ能力)ではないが、信じられない音になってる。

聞いてるうちに不思議な体験、発見が。

○小音量でも迫力が凄い、もちろん大音量ではもっと凄い
○グランカッサがコンサートと同じ音だ
○パイプオルガン・・・・こんなに近くで聞いたことが無いのでわからない
○聞きなれた曲、新しい音の発見がありすぎ


誉めすぎ、自分で誉めるなんて、
                     でも、今まで知らなかった新世界だ

   I 君と朝まで音楽を聴き、酒を飲んでる・・・・この生活、辞められん  

  
[PR]
by yamakasa-toku | 2008-03-11 01:30 | Audio


<< さようなら そして こんにちは 積み木 >>