<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

残暑お見舞い申し上げます

やまかさのシステムも凄く変わり過ぎ

本人もよく判っておりませんが、近況報告です


最初の4550が導入される
                    今までの QUAD606 でドライブ


つぎの4550が突然来る
                    取合えず手持ちの 山水 BA3000 でドライブ


 なかなかいい音だ!     



アンプはボロでも、スピーカーは鳴らし方だ ・・・・・  とか言いながら自己満足


そしてデジチャン → スーパーツイーター + 6Way化 もう 超~自己満足。


もう、何もしない、替えない、飼えない、買えない。

b0076465_2344173.jpg



ところが今回、
M氏とS氏のご好意により 500Hz以下をすべて A級アンプに出来た


18K以上で使用するマランツ以外は、A級 + 真空管だ!

最近のLUXのアンプは素晴らしい、オーディオフェアで気になってた商品だ


驚いたのは、低音がどう変わったかではなく、中~高音が激変した、

金管楽器が素晴らしい、家で聞きながら福岡シンフォニーホールを思いだす程だ

男女共、ボーカルがいい、良くなった。特にコーラスの解像力は驚かされる。


     どうしても中高域に神経が行ってしまうが

チェロ、コントラバス・・・・今までに無音も発見する、良く聞き取れる 。 




アンプの受け持ちは、負荷で決めた。

M-800A→2241(4Ω)     M-600A→M-151 (4Ω)    M-5→2220 (8Ω) 


M-600A(30W) と M-5(300W)のバランスは、P&Gのフェーダーを使用したが、

ほとんど絞らなく、フェーダー無しでも良さそうだ。

二つのアンプの実パワーどうなってるのだろう、M-600Aの30Wは中身が濃いそうだと感じる。

M-800A 余裕と貫禄で鳴ってる、ほとんどメーターも上がらない。

お借りした二つのアンプは、現代の小口径スピーカー鳴らしきる実力を持つことは、オーディオフェアで確認済みだ。

今回、確認できた事は、音像の安定だろう、音がズレないのだ手ぶれ補正レンズのようだ!!

A級効果を実感した、30Wと60W・今回4Ωで使用したので60Wと120Wのアンプだ

手元の音圧計で115dB前後で聞いた時、M-5のメーターは1Wを指していた、

たった1W,されど1W。 質が問題なんだろう、高出力は不要か?

確かな低音がないと、中高音は音に成らない、成立しないと痛感した。

問題は熱だろう、手前4台と真空管3台+1。 いい音には大電気と熱は必須か!

5馬力のエアコンがピンチだ!  ラーメン屋さんのようにエアコン付けるか
[PR]
by yamakasa-toku | 2008-08-15 01:46 | Audio